90. 7月23日 配信予定のメルマガ

皆様、こんにちは。
シーエフネッツ大阪支社 北村でございます。

本日もクリックお願い致します。


不動産投資 ブログランキングへ

毎週、木曜日に配信されるメルマガの原稿が出来ましたので
先にブログに掲載します。


賃貸の動きが鈍くなる時期の対策・担当者としての気持ちを書いています。

良かったらメルマガとブログ両方見てください!
宜しくお願いします。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


7月下旬に入り、本格的に夏の季節になってきました。
毎日、30℃を越える暑さですが、皆様体調だけは気をつけてください。

私の業務上、下見や管理物件に行く機会が多いですが、あまりの暑さで
最近は外に出たくない気分になっています。
特に空室の部屋はエアコンをつけていないため室内での作業は一苦労です。
夏は封水を頻繁にやらなければ、室内に悪臭が漂うため2週間に一度は
封水確認や清掃を行っています。

ひとつ一つやっていることは、小さなことですがもし、案内でドアを開けたときに
悪臭がした場合、お客様はどう思うのかと、またこの時期は賃貸の動きが特に鈍い時期になりますので、1件の案内を大切にしなければなりません。

広告料をつけることで、分母(反響数)を上げたとしても案内した際にネガティブな面があればいくら案内しても決まりません。分母を上げることも大切ですが、分子(申込数)を上げ、案内からの申込の確立を上げる努力がこの時期はとても大切になります。

案内後は、必ず業者の追客も忘れず断りの理由を聞くことにより対策ができるため
私は必ず聞くようにしています。最近の断り理由で1番多い理由は、引っ越す時期は決まっていないが、良い部屋があれば検討したいお客様が多く、とりあえず見ただけという方が圧倒的に多いです。この時期のため、仕方がないかもしれませんがその場合は、逆にどうしたら決めてになりますか?など条件面で対応できる理由であればこちらから交渉も必要だと思います。

待っているだけではなく、こちらから良い部屋だと思われるように営業するのも担当者としての役割だと思っています。まだまだ、暑い時期は続きますが営業回りも積極的に行っていき、決まりづらい時期でも早期に決めれるように頑張っていきます。



来週も是非ご覧ください。