198.大阪開催、不動産投資セミナー 講師曽我部 

皆さま、こんにちは。

シーエフネッツ大阪支社 北村です。


昨日は大阪支社開催でセミナーを行いました。



















講師は大阪支社所属 曽我部さんによる

【不動産投資のリスクを知り、しっかりとした「基礎」を身につける
聞いて得する 不動産投資の基本!】

今年、7月・10月・12月の3回行いましたが

昨日が今年最後の曽我部さんのセミナーになりました。


3時間の無料セミナーで、基礎というワードがテーマに入っていますが

銀行と不動産投資の関係性の話は

銀行員でも知らない内容で、いかに融資を引っ張るかではなく

自分にとって、また銀行によってどうなのか、という

今まで金利ばかり気にしていた方やフルローンが良いと思い込んでいた方に

とっては、勘違いに気づいていただいたのではないしょうか。


キーワードはローン定数(K%)です。

金利と期間によって求める定数で、融資額の割合は関係ありません。

K%が例えば5%で、借入額100万円の場合、年間返済額が5万円と

K%が6%の場合は6万円、、、、そういった感じです。


①金利が1%、20年 ②金利3%、30年

どちらがキャッシュフローがでるかというと、K%を比較するとわかります。

①K%=5.52%
②K%=5.06%

①の方が金利が低いため、知らない方は銀行に上記の提案されると

つい金利の低い方を選んでしまう方が多いかもしれませんが

キャッシュフローを多く求めている方にとっては②を選んだ方が良いということになります。

また、FCR(ネット利回り)とK%、CCR(自己資金の利回り)とK%の関係性もあります。

K%よりFCRの方が高ければレバレッジが効き、CCRはFCRより高くなります。

正のレバレッジの場合は現金で購入するより融資を利用し、レバレッジをかけることになり

自己資金利回りを高めます。


文章ではなかなかご理解、説明が難しいため

セミナーでは図や資料を用いてわかりやすく説明していますので

是非、セミナーにご参加頂ければと思います。


次回のセミナーは来週(10日)に山口がセミナーを行います。

まだ申し込み、間に合います。

是非、ご興味お持ち頂行けましたらご参加くださいませ。


本日もクリックご協力お願いします!

不動産投資 ブログランキングへ