2016年12月23日金曜日

206.今週のメルマガでございます。 「大阪物件をポートフォリオに組み合わせる。6」

皆さま、こんにちは。

シーエフネッツ 北村です。


毎週、木曜日に会員様向けにメルマガを配信しています。

どうぞ、ご覧くださいませ。



前回、当社ではこの価格では取引しないが市場では売れている話をしました。

当社の場合、購入前に家賃を適正な賃料に合わせその金額から

購入価格を割り出しています。

市場の物件では販売価格の満額で買付を入れることはほとんどありません。

たいてい、1割ほど指値した価格になります。

満額で購入した場合、FCR3%代で月々のキャッシュフローはマイナスになります。

そういった物件を買う目的として、キャピタル狙いか現金購入

現金を銀行に預けるよりかは利回りがいいため)と思います。


しっかりと理解した上で購入するのであればいいのですが、業者の口車に乗せられ

購入した場合、あえて購入するメリットはほとんどないため買わずにほかの金融商品で

良いと思います。


価格はまだまだ上がる傾向にはあり市場の物件の取引は売主が強気で交渉が通りにくいた

め、色んなアレンジが必要になりそうです。


リスクの高い物件をいかに取り除くか。水面下の物件をいかに仕入れるか。


そこは来年の課題です。

本日もクリックご協力お願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿